場長ご紹介  

佐久間エイドリアン    

Adrian Sakuma

  ニュージーランド出身。ニュージーランドおよびオーストラリアで見習騎手免許を取得。騎手を引退後、フリーの攻馬手、調教師を経て、1990年に社台ファーム勤務、その後ノーザンファームで厩舎長を勤める。

 

 2003年からパイオニアファームの取締役兼場長として、ナチュラルホースマンシップの理論を活かし、中間育成、馴致、騎乗調教、セールへのコンサインニング等の指揮を執るとともに、先頭に立って実践。健康で丈夫な競走馬の育成、調教、休養(リハビリ)に熱い情熱を注いで取り組んでいる。

Photo Gallery  パイオニアファームの人たち

 

 

リッキー

 

育成馬のリード役と、新人スタッフの教育係を務めるセン馬のポニー。各馬が安心して牧場内を移動し、馴致により専念できるようにと、2012年からパイオニアファームで活躍。

2018.11.4